FC2ブログ

フーコック島に行ってきます

明日から3泊4日でベトナムのフーコック島に行ってきます。

地球の歩き方を見ても、フーコック島は2,3ページしか情報がありませんし、僕もずっとホテルから出ないつもりなので、事前情報はほぼ皆無です。

フーコック島自体、この2,3年前に開発が始まったばかりの新しいリゾートだそうです。

主要産業は漁業で、島民のほとんどが漁業に従事していると聞いています。

僕が宿泊するフュージョンリゾート・フーコックは、去年オープンしたばかりで、フーコック島では最高級のカテゴリーらしいので楽しみにしています。

ダナンのバンヤンツリー・ランコーと同様、全室プールヴィラとなっております。

宿泊料金は、バンヤンツリー・ランコーが1泊40000円ほどだったのに対し、フュージョンリゾートは3万円弱です。この値段でプールヴィラに泊まれるのは、現在が雨期だからだと思いますが。

せっかくのリゾートなので、今回はパソコンを持たずに行ってこようと思います。

株やFXだけならスマホで充分できますからね。コンサル関係は、「しばらくバカンスに出かけてきます」という自動返信を残し、バンコクに戻るまで全部却下でいいや。

パソコンがないとブログも本格更新できないので、篠崎ポンパン君の誹謗中傷コメントへの返信はバンコクに戻るまで待ってもらいます。

戻ったらコメントを開くつもりですが、間違いなく以下のどちらかのコメントが届いているはずです。

1.「親の金でフーコック島に行ってるんだろう!」

2.「machaは金がないからフーコック島に行っていること自体が嘘」

もしコメントが無かった場合は、篠崎ポンパン君、バンコクで何者かにボコられて入院中と判断いたします。


ちなみに、フュージョンリゾートの周りには何もないそうなので、食事は全部ホテル内で済ますことになるはずです。

ナイトマーケットへの無料シャトルバスがホテルから出ているそうですが、僕は昼も夜もホテル内のスパを利用する予定なので、たぶんツアーには参加しないと思います。

ホテル内でネコと会えたらいいな。








エンポリ猫やベンチャシリ公園のネコたちには前日に餌を与えて来ました。


そしてしばらく日本食が食べられなくなるので、昼は伊勢丹の和食フードコート、夜はエンポリの大戸屋で食べ納めしておきました。



伊勢丹のサーモン塩焼き390バーツ。




大戸屋の新メニュー、鶏肉の味噌鍋。300バーツちょっとだったと思います。



それでは、フーコック島に行ってまいります。


コメント

サムットプラカーン県の一戸建て

400万バーツで車が本田のシビックだと100万バーツで合計1500万円でしょうか?見た限り良さそうですけどね。日本のような建築基準法などの厳格な審査があるかはわかりませんが、タイは地震がありませんし。気になったのは周りが
労働者が多いとのことですが、治安の方はどうでしょうか?戸建てなのでセキュリティはいなそうですが、ゲートなどがあり、そこにはガードマンがいるんでしょうかね?
バスタブがないとの事ですが、トイレは2個ありましたか? 駅から遠いとの事ですが、
自分は駅から近いとうるさいと思いますよ。

Re: フーコック島に行ってきます

飯島さん、こんにちは。
こちらの一戸建ては入り口にゲートがあり、そこでセキュリティチェックがありました。
近所は労働者と言ってもスラムのような感じではなく、治安は特に悪いとは感じませんでした。
周囲は中規模の会社のオフィス、倉庫が多く、僕が見学した戸建ての近所にあったアパートメントは、上記の企業で働いている社員さんが住んでいる感じでなので、肉体労働者よりは上と言った環境です。最寄りの大規模SCはBig Cで、家から2キロの距離でした。車が前提なら普通にOKな物件だと思います。徒歩圏内ですとセブンがいくつもあり、屋台や個人商店ならいくらでもあります。
トイレは3つあった記憶があります。
非公開コメント

プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
新ブログ、「タイランドニート」はこちら↓

http://thailandneet.com/


タイランドエリート会員のニート。就職経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR