4月のマレーシア旅行

現在は日本に帰国中ですが、先日も書いた通り、2週間後の4月18日にはまた日本を出発します。


ただしバンコクにすぐ戻るのではなく、クアラルンプールに立ち寄ります。

と言うのも、昨年末にANAのビジネスクラスで羽田―クアラルンプール往復90,000円というプロモーションを見つけ、予約したからです。


僕が買ったのは羽田発4月18日、クアラルンプール発6月4日のチケットです。

このままだとクアラルンプールのみの滞在となってしまいますので、タイ航空のHPで別途、クアラルンプール―バンコクの往復チケットを25,000円で購入しました。


これにより、

4月18日~21日:クアラルンプール(ブキビンタン通りのリッツカールトン)

4月21日~6月1日:バンコク(プロンポンのコンドミニアム)

6月1日~4日:クアラルンプール(ブキビンタン通りのリッツカールトン)



という旅程になった次第です。

前後に3泊ずつクアラルンプールに泊まるというわけですね。

これに先ほども書いたダナンへの旅行を追加して、

5月18日~21日:ダナン(バンヤンツリー・ランコー)

バンコク+3回の旅行という日程が出来上がりました。


さて、クアラルンプールのリッツカールトンですが、HISで予約して3泊49,500円でした。

僕にとっては前回に続いて3回目の滞在です。これまでは同じくブキビンタン通りにあるウェスティンを定宿にしていいましたが、ウェスティンは団体が多く、特に支那人がやかましいので、試しにリッツに泊まったところ、客層が白人や日本人で静かに過ごせることが分かったため、乗り換えたのです。

朝食付きで1泊当たり16,500円です。

激安ですよね。クアラルンプールのリッツが、世界で一番安く泊まれるリッツカールトンだそうです。

ちなみにクアラルンプールは昨年の10月に訪れた際には、ここ4年間ほど続いていたブキビンタンの地下鉄の工事も終わり、バリケードが撤去されて景観が良くなり、歩きやすくなっていました。

工事中の時は元々狭い通路までバリケードで塞がれていたりして非常に不便でしたが、今なら街歩きには最適です。

その完成した地下鉄はと言うと、どの駅も観光客が行くエリアではないので、実際に乗ることはなさそうです。まあ、ローカルの方のための交通手段なのでしょう。観光客はこれまで通りKLモノレールのお世話になることになるでしょう。


プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
タイランドエリート会員のニート。就業経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR