淡水へのショートトリップ

台湾4日目の1月26日。

23日に注文した開運印鑑が夜にホテルに届く日です。

そしてこの日は前日の九分観光に続き、淡水という、台北から北の台湾最北部にある街に日帰りで旅行してきました。

淡水はMRTの淡水信義線の最終駅でもあるので、僕が宿泊している同線の大安駅からは実は地下鉄一本でアクセスすることが出来る便利な場所なのです。

淡水は夕暮れ時がきれいな海辺も街として有名ですが、そのためか夕方の時間帯、特に週末はカップル客で帰りのMRTが大混雑すると事前の情報にあったので、僕は金曜日ではありますが昼の1時過ぎに観光を楽しみ、夕暮れ前には台北に帰着したのでした。


さて、大安駅から淡水信義線に40分ほど乗り、終点の淡水駅までやって来ました。

IMG_5965_convert_20180207180408.jpg

上の写真は淡水駅。

IMG_5963_convert_20180207180351.jpg

淡水駅の向かいには近代型のショッピングセンターがあります。店はありきたりでつまらないですが、トイレがあるので役に立ちます。

IMG_5968_convert_20180207180424.jpg

ショッピングセンター横の老街に入ります。

通りかかった土産物店でヌガーや緑豆のお菓子など、1040元分を家族への土産に購入しました。

IMG_6019_convert_20180210110315.jpg


台湾の土産物屋はどこも試食させてくれるので、いろんなお菓子が試せて良いですね。

IMG_5975_convert_20180207180444.jpg

数キロ続く老街を歩き進みます。

途中、淡水名物の真っ黒い温泉たまご(100元)を購入しましたが、写真を撮り忘れました。

IMG_5976_convert_20180207180505.jpg

丘の上に、ガイドブックに載っている植民地時代に建てられた紅毛城がありました。

現在はコーヒーショップ兼レストランとして使われていましたが、高そうなので写真を撮るだけにしておきました。

IMG_5977_convert_20180207180526.jpg

紅毛城からの景色。

IMG_5978_convert_20180207180544.jpg

海が見渡せます。

IMG_5979_convert_20180207180808.jpg

せっかくなので海辺にも足を運んでみました。

ただしこの時期の台湾らしく小雨が降ってきました。

IMG_5983_convert_20180207180832.jpg

IMG_5984_convert_20180207180848.jpg

この対岸に八里(バリ)という島まで渡し船で行けるのですが、風が強くて寒いし、小雨も降っていたので断念しました。

IMG_5986_convert_20180207180903.jpg

同じく淡水名物で、おそろしく長いソフトクリームの店があったのですが、前日の永康街のマンゴーかき氷のようにお腹を壊したくないので遠慮しておきました。

1月の時期の台湾の気温ですが、大体15度くらいで沖縄と同じくらいなのですが、僕の滞在中はいつも冷たい風が吹いていて、体感温度はもっと低い感じでした。

もちろん先日雪が降ったばかりの東京と比較すればまだましですが、日本の普通の服装で台湾にやってくればちょうど暖かく感じるでしょう。

IMG_5987_convert_20180207180922.jpg

海辺にも屋台が並ぶエリアがぎっしり。

IMG_5990_convert_20180207180942.jpg

焼きとうもろこしに、

IMG_5991_convert_20180207181013.jpg

ソーセージをつまみ食いしました。


本来なら歴史あるこの街をもう少し歩いてみたかったのですが、やっぱり外が寒くて風が強く、わずかですが雨まで降ってきたので、翌日の体調のことを考えて小旅行はここまでということにしました。

タイなら基本的に雨もすぐ止むし、年中いつ旅行しても支障ないですが、台湾はベストシーズンを外すとそれなりにやりたいことにも制限が出てくることが分かりました。


再び地下鉄に乗って台北に戻りました。


IMG_5997_convert_20180207181031.jpg

お腹が空いていたので、台北駅地上階のセブンで弁当とおでん、肉まんを買い、駅の地べたに座って食べました。

台湾のコンビニの弁当は美味しいですね。日本のセブンの弁当とそっくりなのですが、台湾風にアレンジされていて、チキンや豚肉の弁当の味付けは日本人の口に合う感じです。

肉まんとおでんは自分で取ってレジに持っていくシステムになっています。おでんは僕は日本では買ったことがないのでわかりませんが、肉まんの味は日本と同じレベルです。日本にはない台湾風のピリ辛の肉まんが美味しかったです。


さて、床で食べるなんてティーンエイジャーみたいでなんかみっともない感じですが、台北駅だと結構そうしている人も多いんですよね。

タイのホアランポーン駅みたいに、地面に座り込んで壁に寄っかかって休んでいる人とかもちらほらと見えます。

家族や友人の到着を待っているのでしょうか。

こんな感じで座り込んで飲食をしていても、台北駅は非常に清潔です。

暖かいし、警官も巡回していて安全そうです。


この後、いったん部屋に戻って、夜は大安駅から一駅の信義安和駅近くの夜市に繰り出してみます。




プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
タイランドエリート会員のニート。就業経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR