猴硐(ホウトン)を諦めて九份(きゅうふん、ジォウフェン)へ

台湾滞在4日目。

この日は台北中心部を離れ、近郊の町に出かけるつもりで計画していました。

ローカル鉄道の平渓線に乗って猴硐(ホウトン)というネコの村に行きたかったのです。

ホウトンへはMRTではなく、台北駅から普通の電車に乗って行く必要があります。


なので僕は滞在している淡水信義線の大安駅からMRTで台北駅に移動。

台北駅からはホウトンへのターミナル駅である瑞芳への切符を購入しました。

台北駅構内のセブンで弁当とおでんを買い、電車の中で食べながらの電車の旅です。

ただ、瑞芳へは各駅電車だと1時間くらいかかるのですが、僕が乗った自強というカテゴリーの電車は座席指定の急行で、弁当を食べ終わってすぐの30分で到着してしまいました。

IMG_5881_convert_20180206083548.jpg

こちらが瑞芳駅。

日本の駅のような光景ですね。

IMG_5883_convert_20180206083604.jpg

ここ瑞芳から私鉄の平渓線に乗り換えて猫の村に向かうつもりだったのですが、駅を出てみると雨が降っていました。

IMG_5884_convert_20180206083623.jpg

瑞芳駅前

小雨ではあったのですが、これだとホウトンに行ってもあまり多くの猫に会えないかもしれません。

猫だけが目あてなのに猫がいなかったらかなりショックなので、ここで急遽、予定を変更しました。

ホウトンを止めて、九份(ジォウフェン)に行くことにしたのです。

九份とホウトンはどちらも瑞芳から目と鼻の先。

九份は8年前に一度だけ行ったことがあります。


古い建物が並び、山の上で景色が良く、狭い道に土産物屋がぎっしりの観光スポットです。

この九份ならば、雨をしのぐ屋根もあるし、天気が悪いからと言って店がやっていないということはありませんからね。


というわけで、瑞芳の駅前でタクシーを拾い、一直線で九份に行って来ました。


タクシーは固定料金で205元でした。20分くらいかけて九份の山の上まで上ります。

前回バスで行った時は20元くらいでしたが、いずれにしろ台湾の交通費は安いですね。


続く


プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
タイランドエリート会員のニート。就業経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR