永康街を歩く(台北)

台北二日目の1月24日。

昨日はハンコ屋の兄弟冶印で実印をオーダーし、完成後の受け取りまでは何もすることがないので、この日は純粋に台北市内観光を楽しみました。

今回散策したのは、永康街と師大路です。

まずは永康街。

永康街と言えば、小籠包の鼎泰豊の本店があるショッピング街として有名ですよね。僕は鼎泰豊には行きませんでしたが。

永康街の最寄り駅である淡水信義線の東門駅は、僕が滞在しているパークホテルがある大安駅から2つ目なので、アクセスは最高に便利です。大円駅周辺には何もないので、僕も台北滞在中に永康街には何度も訪れました。

IMG_5805_convert_20180202221417.jpg

写真は鼎泰豊のすぐ後ろにある高記という小籠包店です。実は昨夜、印鑑を注文した後、帰宅前にここで食べました。


IMG_5811_convert_20180202221510.jpg

マンゴーかき氷のお店もこの通り大行列。

永康街は完全に観光客スポットですね。お洒落なブティック、カフェもありますが、基本的には土産物を売るエリアと考えてよいでしょう。なので物の値段も他よりは高めです。

大体どのレストランにも日本語のメニューがあり、パイナップルケーキなどの土産物屋ではほぼ日本語が通じるので台湾初心者には便利ですね。

IMG_5810_convert_20180202221444.jpg

ランチは同じく永康街のガイドブックに載っている台湾料理屋で食べました。

写真奥の野菜炒めは、白菜やケールではなく、どうやらバナナの葉っぱみたいなものを炒めたもので、苦くて味は微妙でした。

写真手前はキノコ炒め、中央は牛肉炒めです。どちらも食べれますが、美味しいと言えるものではありませんでした。

食後、永康街の大通りにある土産物屋でお菓子を購入しました。

IMG_5813_convert_20180203110452.jpg


選んだのは、台湾名物のパイナップルケーキ360元や、マロンパイ400元、ナツメとクルミのケーキ280元。どれも試食させてもらえて、店員も日本語を話せました。

購入額が1000元を超えたので、パイナップルケーキの小箱をひと箱プレゼントしてもらいました。

ところで、パイナップルケーキって、日本人は結構好きみたいですね。店内にはパイナップルケーキだけでも何種類もありました。

僕は個人的にはケーキの中の餡はパイナップルよりも、栗や小豆の方が好みなので、パイナップルケーキを買ったのはお土産用です。



IMG_5843_convert_20180202221737.jpg

永康街をさらに南下すると、これまたガイドブックに載っている生姜を使ったコスメなどを販売するお店を発見しました。


IMG_5817_convert_20180203110627.jpg

体を温めるショウガには僕も興味があるので、しょうがのハンドクリーム320元×3本と、シャンプー620元を購入。


IMG_5841_convert_20180203110539.jpg

他にも石鹸、ボディーシャンプー、洗顔フォームなど何でも揃っていましたが、まだ2日目だし荷物がオーバーしそうなので断念しました。


プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
タイランドエリート会員のニート。就業経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR