FC2ブログ

セーフティーボックスに忘れた1000元札

本日、台北から帰国したばかりですが、夜10時半になって、突然、台湾の電話番号から着信がありました。

いったい何事かと思い、電話を切ったところ、またかかってきたので、応答してみたら、僕が泊まっていたパーク台北ホテルでした。

忘れ物はなかったと思っていたのですが、セーフティーボックスの隅っこに1000元札を一枚あったそうで、それが僕の物ではないかとの確認の電話でした。

たしかに1000元札を20枚ほどセーフティーボックスに入れ、チェックアウトの際にすべて取り出したつもりだったのですが、1枚だけ残ってしまっていたわけですね。

僕も大馬鹿者です。というか不注意が過ぎましたね。自分でも恥ずかしいです。

なので、これはもう無くなったもの考えて、「たしかに私のものですが、チップとして取っておいてください。差し上げます。」と電話で伝えたところ、

「ホテルで責任をもって保管いたしますので、次回台湾に来られた際にお返しします。」と言っていただきました。

もちろん僕が次回いつ台湾に行くかは分かりませんが。

それでもこのホテルはほんと、神対応ですよね。

別の例としては、昨日、僕がロビーを通って部屋に戻る際、別の日本人客のおばあさんが、ガイドブックに載っているレストランについてフロントに尋ねていました。

同じ日本人として僕も見ていて恥ずかしかったのですが、この日本人のおばあさんはちょっと横柄な態度で、「この店に電話して○○かどうか聞いてみてよ!」みたいな無茶ぶりをしていたのに、若い男性のスタッフが嫌な顔一つせず、本当に真面目に電話してあげているのを目撃したのです。

パーク台北ホテル。

僕が泊まった一番安いカテゴリーの部屋は狭くて、実は僕はあまり気に入っていなかったのですが、上記のようなスタッフの態度の良さは絶賛に値するレベルでした。


まあ、ホテルの詳細は後日ブログに書くことにしましょう。


プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
タイランドエリート会員のニート。就業経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR