ルネス・トンロー5 (その3)

ルネス・トンロー5の続きです。

僕が見せてもらったのは、49平米の2ベッドルームです。


IMG_5274.jpg


IMG_5276.jpg

台所のシンクが大きいのがいいですね。

IMG_5277.jpg

リビングのテレビがおいてある場所が段差になっています。


パンフレットを見せてもらうと、ルネス・トンロー5の特徴である9つのガジェットが紹介されています。

すべて日本の技術で、ローマ字を読んでけば日本人なら分かります。


Genkan:そのままの玄関ですね。

Shizuka Wall:防音性の強い壁

Kakure Stopper:ドアのストッパー

Nagare Sink:流しの部分に臭いが充満しないように工夫されてる

上の写真の台所の排水部分を見て頂ければわかります。

Sokkan Floor:お風呂場の即乾く床なので、ソッカンだそうです。たしかに僕の日本の自宅の浴室と同じような仕様でした。

IMG_5280.jpg


Jidou Toilet:普通にウォシュレット

IMG_5279.jpg

バスタブはありますが、短すぎて足は延ばせません。


Sanmen Cabinet:三面キャビネット。洗面所の鏡が三面になっている。

Shouno Space :洗面所内の、足元に小さいものを入れる収納スペース。体重計とかが収まるくらいの隙間でした。

Mushu- kan Tile:寝室の壁のタイル。アレルギーを防ぐ。 


以上が、物件のすべての部屋に共通する特徴でした。。


そしてこのルネス・トンローの一番の売りは、以下の二点です。

ただしこれらは1階と2階のみなので注意。


1.セカンドベッドがロフトルームになっている。

IMG_5272.jpg

IMG_5273.jpg



小学生くらいの子供がいるならOKでしょう。

でも子供のいない世帯だったら、無用の長物ですよね。ベッドも梯子で登らないといけないので大変だし。猫だってここでは寝ないと思います。



2.床の各所にルネスという60センチの収納スペースがある。


IMG_5278.jpg

IMG_5271.jpg

IMG_5275.jpg



たしかに収納性の悪いコンドミニアムが多い中、ルネス工法はオンリーワンとして充分に誇れるのではないでしょうか。

しかし天井の高さが2.5メートルしかないので、ショールームを見た時も圧迫感がありました。

しかも3階以上はこのルネスがない上、天井も2.5メートルのままなので、この物件を選ぶ意味が完全になくなります。



さて、それでは最後に価格がどんな感じなのか見てみましょう。

続く


プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
タイランドエリート会員のニート。就業経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR