ルネス・トンロー5 (その2)

では、ルネス・トンロー5物件を見ていきましょう。

IMG_5269.jpg

こちらは工事現場ではなく、ショールームがあるトンロー・ソイ11のパクソイです。

事前にアポを取って土曜日の午後に訪問しました。

担当者はゲイっぽい若いタイ人男性でした。


まずは物件の概要です。

・ディベロッパー: W-Shinwa(大阪の信和不動産とタイのディベロッパーの合弁会社だそうです)

・総戸数: 156ユニット

・階数:8階建て

・駐車場付与: 84台(オートパーキング)

・ユニットタイプ:1ベッド(27平米程度の極狭ユニット~43平米程度まで)、2ベッド(43平米~65平米)

・2階に温泉(男女両方)。

最近、温泉を売りにするコンドミニアムが増えてきましたね。

・2階に屋内プール。

天気を気にせず泳げるのはいいことですが、プールの全長は10数メートルだそうです。なので水泳は難しいでしょう。ちなみにジムは1階。

・ルネス工法の床。

床下に60センチの収納スペースがありました。部屋が狭くてもルネスがあれば収納には困らないと言いたいところでしたが、なんとルネスがあるのは1階と2階だけだそうです。

・天井高:2.5メートル。

これ、低すぎますよね。ルネス工法の床がある1階と2階の場合、床の60センチと天井高の2.5メートルを足して3.1メートルの高さがあると言えますが、3階以上のフロアはルネスがない上で2.5メートルしか高さがないので、絶対に窮屈を感じます。

予想通り、ルネス工法の部屋で極狭ユニット以外の部屋は全部売り切れていました。


・玄関がある。

パンフレットにGenkanと書かれていた通り、入り口付近に小さな段差があり、そこで靴を脱ぐようになっています。玄関には靴入れ用の棚もビルトインでありました。




続く






プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
タイランドエリート会員のニート。就業経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR