FC2ブログ

タイランドエリートに入会して1年が経ちました

今週は月曜日が日本の祭日で3連休だからか、今日は多くの日本人旅行者をバンコクで見かけました。

僕は会社勤めをしたことがないので、一般の方の休みの取り方がよくわからないのですが、木曜日か火曜日を有給休暇にして、4泊5日くらいで旅行に来られているのでしょうか?

9月は毎年シルバーウィークがありますが、今年のカレンダーを見ると、今週も来週も中途半端に月曜日が祝日で、例年のように8連休とか9連休には出来ないスケジュールのようですね。

さて、僕は予定通り、9月20日から3泊4日でベトナムのフーコック島に小旅行に行ってきます。


タイランドエリートのコンシェルジュにコンタクトを取って、往路の20日と復路の23日にAOTのBMWの空港送迎を手配済みです。

BMWは年間24回まで無料ですが、それはイコール12往復ということなので、僕でもなかなか消化しきれないくらいの回数なので、とても重宝しています。


タイランドエリートの会員になって今月でちょうど1年。


1.上記のような空港への足があること、

2.空港VIP待遇で出入国の審査が無いに等しいくらい簡略化されること、

3.ミラクルラウンジが使えること、


僕もこれらの特典のおかげで、一時帰国や近隣諸国への小旅行のハードルがとっても低くなりました。

タクシン政権下の2003年頃に始まってずっと大赤字だったタイランドエリートも、去年くらいからようやく黒字に転換したそうです。

おそらくこれには、2016年からの出入国審査の厳格化が影響していると思います。

僕が去年まさに体験しましたが、ノービザ30日で空路ならこれまでは楽に入国できたのに、最近は年に2回やると、3回目の入国時に最後通牒を受けるようになったんですよね。

去年8月のブログに一部始終を書いた通り、僕は去年、4回目の入国時に「次はビザを取ってください」とイミグレで通告を受けました。

その直前、バンコクで28日くらい滞在して、一旦シンガポールに3泊4日で旅行した後、バンコクに戻った時点で空港でそう指摘された次第です。(なぜか3回目の時は何も言われず)


僕も当時は「陸路ではなくて空路なら大丈夫だろう」などと甘く考えていたし、まさか万年ニートの僕が不法就労を疑われるなんて想像だにしていませんでしたが、その時の入国審査ではまさに「不法就労」がメインのチェックポイントでした。

タイランドエリートに入会したのは、その事件があったことが直接的な動機です。

たぶん、僕と同じニートの方たちの中にも、入国審査の厳格化がトリガーとなってタイランドエリートに入会した人が多くいると思います。

あるいはタイでの滞在を断念したかのどちらかでしょう。

ところで、

「50万バーツのクレジットカードの利用枠があれば、最悪、イミグレで拒否られたときに、カード払いで即タイランドエリートに入会出来る」

という都市伝説を聞いたことがありますが、真偽のほどは定かではありません。

まあ、タイランドエリートの入会審査には通常は数週間かかりますし、

仮に複数回の入国が難しくても、いきなり強制送還ではなく、僕のように親切に最後通牒を経るはずですので、

スワンナプームに着いてからいきなりタイランドエリートへの入会の決断を迫られるというシチュエーションは考えにくいと個人的には思います。

なので僕の意見としては、30日ギリギリのステイを年間で既に2回やってしまった方は、3回目の入国の前にタイランドエリートに入会すればよいかなと考えています。

ただし先ほど書いた通り入会には審査がありますので、数週間の余裕をもって手続きをしましょう。

まあ、審査と言っても前歴さえなければ落とされることはないはずですので、基本的に必要なのは入会費用だけですね。


【誹謗中傷コメント】タイランドエリート取って出直してこい!

昨日、誹謗中傷コメントに対する返事を記事にUPしたところ、その直後に以下のような反撃(?)コメントが届きましたので、ここで共有したいと思います。



名前:篠崎ポンパン

ホスト:178.128.172.173

m a c h aはホ モカイシュン犯ですか?
タイchannelで君は
実際 貧しいニーートってばれてるよ。すぐ反応する当たり、図星でしょ。
プロンポンでタイ人に飯恵んでもらってるんだって みっともないな


まず、篠崎ポンパンという名前に爆笑。

なんと、あのタイ語学校のポンパン学長の部分パクリじゃないですか。

僕が以前、「フジタタロウというブロガーが成りすましで僕のブログに誹謗中傷のコメントを投稿してきた」と書いたことを受けてか、藤崎を篠崎に書き換えてのご投稿。

お見事!

そして、僕がプロンポンのコンドミニアムに住んでいることに反応して、「machaはプロンポンで飯を恵んでもらっている」だと。

これを読めば、この人がプロンポンやトンローに住んでいる人に対してコンプレックスを感じていることが分かるはずです。

先日の記事で「ラムカムヘンの安アパート暮らし」と書いてあげたことがよっぽど気に障ったご様子。


皆さんもとっくにお気付きだと思いますが、誹謗中傷コメントっていうのは、見下している相手にはしないものですよね。

例えば僕よりも金持ちな人が、いちいち「machaは貧乏」とか言いませんよね?


ほんと、この人の心理を高校の現代文の試験問題に採用したいくらいです。

設問:過去のmachaのブログへの投稿から判断して、彼のコンプレックスとして当てはまるものはどれか?

選択肢(複数回答可):

1.貧しい、

2.買春しないと女性に相手にされない、

3.貧民街に住んでいる、

4.無職、

5.親の家柄が悪い、

6.在日特別永住者である、

7.韓国語は話せないが、日本語も流暢ではない、

8.ノービザで次回タイに入国できるか不安、

9.大学を出ていない



たぶんこの人は今後もコメントを書き続けてくるでしょう。

そして投稿すればするほど、この人の正体が分かってくるはずです。


そもそもですが、この人、いつまでタイにいられるんでしょうか?

マジで、「You は何しにバンコクへ?」、いや、「You はいつまでバンコクに?」

この人、おそらく毎日いくつものタイブロガーさんのブログにヘイトスピーチを書き込んでいるのだと思いますが、そのうち恨まれて路上で誰かにボコられるんじゃないかと心配です。

ネタが無くなるとつまらないので、仮にタイ人ギャングか在住日本人に袋にされても、僕への投稿は止めないでくださいね。




プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
新ブログ、「タイランドニート」はこちら↓

http://thailandneet.com/


タイランドエリート会員のニート。就職経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR