FC2ブログ

支那の消費降格

石平氏の支那経済分析です。

この調子で下降を続け、タイからも早く支那人が消えてくれることを期待しています。

そしたら久しぶりにクラビにでも行こうと思います。




国内経済脅かす「消費降格」 貧乏、節約を自慢し始めた中国人

石平のChina Watch

 中国のネットで先月以降、「消費降格」という言葉が大きな話題となっている。消費降格とは「消費のレベルが下がった、下げた」という意味合いである。若者を中心とした多くのネットユーザーは「微博(ウェイボー=中国版ツイッター)」や各種の掲示板・コメント欄などで自分たちが今、外食・外出・衣類の購入などを控えて節約に励んでいることを自嘲的に語って人気を博したり、「貧乏自慢」や「節約術自慢」を競い合って大いに盛り上がったりしている。


 8月23日、ニューヨーク・タイムズの中国版サイトで、袁莉という中国人記者が書いた記事が掲載された。「子供を産まない、デートしない、中国は“消費降格”の時代を迎えたのか」というタイトルである。記事は、中国国内での幅広い取材に基づいて、都市部に住む多くの若者たちの消費志向と実態を次のようにリポートしている。

 彼らの多くは日常生活においてはタクシーよりも自転車、外食よりも自炊、バーでカクテルを飲むよりも自宅で缶ビールを飲み、出費の多いデートより、1人でスマホをいじることを好むという。そして、人生設計において一部の若者たちは未来の経済状況に対する不安から、子供を産むことを断念し、自らの老後のために貯蓄に励む道を選んだというのである。

 このような内容の記事が掲載されると、全国さまざまなサイトで転載され、広く読まれた。「消費降格」に関するネット上の議論はより一層盛り上がったのである。

 こうした中、安酒の代名詞ともなっている「二鍋頭」という銘柄の中国酒のメーカーと、全国でよく食べられている搾菜という漬物のメーカーが両方とも業績を大幅に伸ばして株価を上げた。それもまた「消費降格」を表す現象として注目されている。安酒を飲みながら「ご飯に搾菜」という食生活を送っている人が増えていることが分かったからである。


 即席ラーメンの消費量が増えていることも注目されている。例えば中国で特に人気のある「康師傅」という銘柄の即席ラーメンの場合、今年上半期の売上総額は前年同期比で8・4%増となった。これはカップラーメンをすすって食事を済ませる人が増えていることを示している。

 自動車市場の動向にも異変があった。今年7月、全国の自動車販売台数は前年同月比では4%減、前月比では何と16・9%も減少した。一部専門家の分析では減少の傾向は今後も続きそうだという。

 8月中旬に国家統計局が発表したところによると、7月の全国の社会消費品小売総額の伸び率は、前年同月比で1・6ポイント減となって15年ぶりの低水準となっている。「消費降格」が単なるネット上の噂や人々の主観的な感覚ではないことが、客観的な統計数値によっても裏付けられた。

 もちろんそれは、中国経済全体にとっては由々しき事態である。これまでも慢性的な消費不足はずっと、中国経済成長の最大のネックとなっている。日本や米国の個人消費率は60~70%であるのに対し、中国のそれは37%前後。中国経済に占める国民の消費する割合は4割未満しかないのである。


 消費が不足しているが故に、中国はずっと、投資と輸出の拡大で経済の成長を引っ張ってきている。しかし今、国内投資の過剰と「一帯一路」構想の失敗によって投資の伸びは大きく鈍化しており、米国から仕掛けられた貿易戦争においても、中国の対外輸出は大きく減少していくであろう。

 こうした中で、中国経済にとっての唯一の生きる道は内需の拡大であるのだが、「消費降格」が広がっていくと、「内需拡大」は夢のまた夢。中国経済は今後、絶体絶命の危機を迎える。

                   ◇

【プロフィル】石平(せき・へい) 1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。『謀略家たちの中国』など著書多数。平成19年、日本国籍を取得。

コスパ最高の東京

今日は仕事で六本木の東京ミッドタウンに来ています。




と言っても、僕自身は契約書に代表者印を押印してサインするだけでしたが。


東京にいるといつも思うのですが、こっちは物価が安すぎですね。

目黒区の自宅から東京ミッドタウンまでタクシーで片道3000円弱。



ミッドタウン内で食べた麻婆豆腐定食が900円。そして旨い。



向かいのコーヒーショップのパニーニとカフェラテが700円。

場所の良さとクオリティを考えたら絶対に安いと思います。


少なくともバンコクのエンポリ周辺よりは安いですね。


まあタクシーは日本の方が当然高いですが、バンコクのタクシーは運転手が屑なので比較の対象になりません。。

いずれにせよ、これだけ安いと、インバウンドでタイ人を含め外国人が大勢やって来るのも納得がいきます。





8月までバンコクへ

明後日からバンコクに行ってきます。


日本では歯医者や健康診断も済んだし、税金もしっかり納付、配当金も受け取ったので、今は準備万端です。


帰国は8月23日の予定です。


さて、いつもだと、滞在期間の中間くらいで、どこかに小旅行に行くのですが、今のところめぼしい場所が見つかりません。


ビーチリゾートもどうせ中国人で溢れているでしょうからね。


5月に行ったダナンのバンヤンツリーみたいに完全にプライベートヴィラならいいかもしれませんが。

まあ、ゆっくり調べてみようと思います。



ところで、中国のZTE株、香港市場で爆下げ中です。

今日だけで25%の暴落です。



祝、中国終了。


タイ株もタイバーツも下げて来ました。

僕はタイ株はまだ買いませんが、いい流れです。


空売り中の日本株もどんどん下げています。
スルガ銀行、そろそろ潰れないかな。

ほんと、祭りですね。



配当金、税金、株主総会シーズン

帰国してから今日で1週間です。


ちょうど梅雨に帰って来てしまったので、ほぼ1日中雨が降っています。


天気のせいもありますが、毎日、家で本を読んで過ごしています。

本は先日、ブックファーストで爆買いして来たので。



気分転換に自宅のポストを見に行くと、配当金と株主総会の通知があちこちから届いています。

ちょうど今はそういうシーズンでしたね。ホクホク。


と思っていたら、6月はたしか自動車税の納付書が届く月でもありましたね。

うちは外車なので税金は高いです。


それ以外にも国民健康保険の通知もそろそろ届きそうです。もちろん最高限度額です。


そして月末は株主総会。


暇なようで忙しい、ニートの6月です。



年々良いパソコンが発売されていますね

先週末、新しい東芝のノートパソコンを購入しました。

会社の黒字が半端なく増えているので、何か経費を使いたいと思ったからです。

買ったのは税込み21万円のパソコンなので、減価償却ではなく一括償却で計上できます。

ノートパソコンは去年10万円ちょっとの物を買い替えたばかりなのですが、アドビのDreamweaver、エクセル、弥生会計などのソフトを同時に使おうとするとすぐに固まってしまうのでかなりのストレスになっていたのです。

そこで、ヤマダ電機に行って店員に相談したところ、今年の1月くらいに発売された東芝のDynabookならばサクサク出来るというので、思い切って買い換えをした次第です。

で、そのパソコンが税込み21万円だったわけです。その日に店頭にあったものの中では一番高額でした。

僕はメカに弱いので、完全に言いなりです。

でも店頭で実演してもらって、起動が本当に一瞬で出来るのですごい便利だなと思いました。

実際に家に帰って上記のソフトをインストールして試してみましたが、ものすごく速いし、固まらずにイケました。


僕のようなニートで、パソコンとスマホだけでお金を稼いでいる人は、こういうところにこそ資金を使わなければいけないと改めて感じました。

自宅にはデスクトップが一台ありますが、今回買ったノートパソコンの方がすごく性能がいいので、もうタイに出かける前から新しい方を使っています。

これでバンコク滞在中もサクサクとウェブ制作や株式投資が出来そうです。


プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
タイランドエリート会員のニート。就業経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR