FC2ブログ

ヨーロッパ18日目 ローマ→バンコク 2016/12/5

12/5

長かったヨーロッパ旅行も終わり、これからバンコクに向かいます。

ホテルを9:00前にチェックアウトし、テルミニ駅からレオナルドエクスプレスで空港へ。

乗るつもりだった電車がキャンセルされ、次の電車に乗ることになりました。かなり時間に余裕を持って出かけていたので助かりました。

電車に乗り、30分で空港に到着

念願だった税金の還付を受けました。トータルで250ユーロ分くらい戻ってきました。タックスフリー会社によってカウンターが違ったり、イタリア内で買った物と、イタリア外のEU加盟国で買った物とで還付のプロセスが若干違いましたが、すべてミスなくお金を受け取ることが出来ました。僕は米ドル、ユーロの現金、そしてクレジットカードへの返金という3つのパターンを使いました。

ゲートに入る前にフードコートでパスタ、6ユーロを食べました。



クリームがこってりしすぎていて美味しくなかったので残しました。

手荷物検査はスターアライアンスゴールドの特典でファストレーンを利用。優先レーンは誰もいなくて超すんなりでした。

出国審査を済ませると、そこはイタリアなので、そうそうたるブランドの店が出店しています。

色々お店を回っていたら、ラウンジでくつろぐ暇がなくなるくらい時間を消耗してしまいました。

ダウンジャケットのモンクレールもまりました。本当はここでダウンを買うつもりで空港に来たのですが、偶然気にいるものがなくてもやめました。まあ荷物のことを考えると結果的にはそれで良かったですが。

結局買ったのはファブリアーノのカードケース120ユーロ。僕は銀行口座がたくさんあるのでキャッシュカード入れに使うつもりで買いました。



ファブリアーノルはイタリア発の文具のブランドだそうです。先ほど還付されたキャッシュで買いました。

搭乗ゲート前の免税店でミルカのチョコレート3個18ユーロを購入。

スピッツィコのピザ4.5ユーロを買って、アリタリアのラウンジで食べました。



搭乗時間。

タイ航空の機内はガラガラ。

40%程度の搭乗率でトイレの行列もできることなく、快適なフライトでした。

バンコクからミラノへの往路と同様、機内で有料のネットに接続しました。



最前列なので足を伸ばしてゆったり


約4000円の最大容量のプランを選んだので、最初から最後まで退屈することなく過ごせました。

せっかくネットに繋いだので、FXにログインし、プラスになっているポジションを一部だけ利益確定。

3週間のヨーロッパ旅行の航空券代、宿泊費、ショッピング代を上回る利益を帰りの機内で受け取っておきました。

トランプ相場でドル高、円安、ユーロ安が進行していたので、ドル円の買い、ユーロドルの売りを仕掛けていて大正解でした。




ヨーロッパ17日目 ローマ(2) 2016/12/4

ローマ最終日の夕方。

もうトレビの泉もスペイン広場もバチカンもすべて行ってしまったので、特にすることがありません。

ならば買い物ということで、ローマ生まれのブランド品が何かないかなーネットで探していたら、偶然ひとつ見つけました。

ローマに本店を構えるジーンズのブランド、SBUです。

昨日アルマーニジーンズで2枚買いましたが、ジーパンは元々家にほとんどないので、もう一枚、買いに行ってきました。



場所はナヴォーナ広場のすぐ南、見落としてしまいそうなくらい目立たないところにありました。



店員さんは見ただけで一発で僕のサイズを当ててくれました。

ジーンズ1枚と、長そでシャツ1枚。

ジーンズは179ユーロ、シャツは119ユーロでした。他の商品も大体似たような価格帯でした。

僕がかったのは合計298ユーロで、そこから還付で53ユーロが戻ることになりました。外国人なのでこうして還付が受けられますが、ヨーロッパは税金が高いですね。




店には電車に乗ってきましたが、最後なので帰りは徒歩で。ヴィットリアーノを通ってホテルに戻りました。



夜はホテルのすぐ隣にあった支那料理のレストランに入りました。もうピザもパスタも飽きたので。







サンラータン3ユーロ、麻婆豆腐4ユーロ、チキンの焼きそば4.5ユーロでした。

値段はリーズナブルですね。

久しぶりに中華が食べられて良かったです。

これで長かったヨーロッパ旅行が終わりました。

イタリア、ギリシャ、イギリスを巡る17日間の旅行。

ミコノス島以外は過去に行ったことがある場所なので、ちょっと斬新さの少ない旅でしたね。

楽しいこともありましたが、ギリシャで財布を盗まれたことは悪い意味で強く記憶に残りました。最近のニュースで見た通り治安も悪化していたし、学生のうちに旅行しておいて良かったです。

そんなわけで、僕にとっては残念ながら総合的に、プラスの面よりもマイナスの記憶が残る17日間でした。

ヨーロッパは遠いし、お金もかかることを考えると、次はわざわざ来ることはもうないかも、と思ってしまいました。

まあ、とにかく翌日は午後の便でローマ・フィウミチーノ空港からバンコクに向かいます。


続く



ヨーロッパ17日目 ローマ 2016/12/4

ローマ3日目の12月4日。

これがヨーロッパ旅行最終日です。

この日は丸一日フリーですが、見たいところは前日に訪問済みのため、当初は予定していなかったバチカン市国に行ってみることにしました。

バチカンは2004年にヨーロッパのバスツアーに参加した時以来なのでおよそ12年ぶりです。

まずはローマテルミニ駅から一日はスタートします。



駅構内のバールでパニーニを朝食にします。4.3ユーロ。パンもパスタももう飽きてきました。やっぱり日本のものが食べたいです。

そして地下鉄でバチカンの最寄り駅まで移動します。駅名は忘れましたが、テルミニ駅から7駅くらいです。

同じ駅で人がドッと降りていきますので、その流れについていく形でバチカン市国のサンピエトロ広場に向かいました。



グーグルマップで自分の位置を確認します。ちょうどバチカンの北の国境の辺りにいます。

そしてセキュリティーチェックを受けて、バチカン市国に入国します。



セキュリティーを抜けたら、サンピエトロ広場に出ました。

12年前にツアーで来たときはバチカン博物館の内覧も含まれていましたが、今回は一人なのでどこに行こうと自由です。

というわけで、博物館は興味ないし、ものすごく混んでいるらしいのでパスしました。

サンピエトロ広場を通っただけでバチカン終了です。

バチカンはローマのテヴェレ川を挟んで西側にありますが、これから東に歩いて川を渡り、サンタンジェロ城やナヴォーナ広場を通ってテルミニ駅方面に戻ります。



バチカンを出ると東側にサンタンジェロ城。

サンタンジェロ城も入場の列がすごかったので、スルーします。



テベレ側を渡って南側にナヴォーナ広場。



3つの噴水があることで知られていますが、僕にはどれがどれだか分かりません。



更に東に歩くとパンテオン。

これも2000年近く前の建物だということですが、知らないなー。

やっぱりヨーロッパを旅行するときは事前に歴史の下調べをしてくるべきなのでしょうか。イタリアには美術館も沢山あるので、きっと好きな人にはたまらないんでしょうねー。改めて自分の無知を思い知らされます。


続く



ヨーロッパ16日目 ローマ(3) 2016/12/3

トレビの泉で写真を撮った後、スペイン広場方面に向かいました。



途中、コンドッティー通りというショッピングストリートを通ります。

上の写真はフェンディ本店だそうです。



もちろんフェラガモもあります。



スペイン階段に到着。

やっぱり人だかりがすごいですね。ガイドブックにも書かれている通り、このエリアはスリや詐欺師が最も多い場所です。

面倒なのでスペイン階段を上るのはやめました。

でもショッピングは少ししてみたいので、スペイン広場を少し北上し、アルマーニジーンズのお店に入ります。




実はアルマーニのブランドのジーンズが存在すること自体知りませんでしたが、ここで2枚購入しました。



2枚で300ユーロでした。

アルマーニジーンズは大体、1枚150~200ユーロの価格帯のジーンズが多かったです。

後ほど37.5ユーロの税還付を受けられるよう手続きもしておきました。

せっかくスペイン広場のエリアまで来たので、さらに数百メートル北に歩き、ポポロ広場まで行ってきました。



このオベリスクが目印です。



ポポロ広場

朝から歩き通しで疲れたので、とりあえず観光はここまで。



コルソ通りの近く、クローチェ通りのピッツェリアでアマトリチャーナのピザをランチに。12ユーロでした。日本で普段食べてるピザの方がずっと美味しいです。ローマはほんと店選びが難しいですね。



再びスペイン広場まで戻り、ディーゼルのお店で買い物をしていくことにしました。

僕に応対してくれた店員は支那人でした。



ディーゼルではTシャツを3枚購入しました。合計 217ユーロ。1枚70ユーロくらいですね。そこから26ユーロが還付されます。

この時、午後3時ごろでしたが、もうくたくたに疲れていたので、地下鉄で一度ホテルに戻り、夜までは部屋で休むことにしました。



そして夜はコロッセオまで写真を撮りに行ってきました。

11年前に来た時もなぜか夜でした。

コロッセオに来るのはこれで3度目ですが、結局一度も入場することはありませんでした。



気持ち的に外から見れれば満足だし、入場料もかかるし、何よりチケット窓口の待ち時間が長いらしいので、個人的にはそこまでして入りたいとは思わないですね。



夕食はテルミニ駅のセルフレストラン、チャオにてパスタ 7ユーロを食べてローマ2日目は終了。

これでローマをあと1日観光したら、ヨーロッパ旅行もおしまいです。やっと暖かいバンコクに戻れます。


ローマ3日目に続く




ヨーロッパ16日目 ローマ(2) 2016/12/3

ヴィットリアーノを後にし、トレビの泉に向かうため、コルソ通りを北上します。



コルソ通り。北にまっすぐと伸びています。

この通りを北上すれば、トレビの泉やスペイン階段、ポポロ広場にたどり着けます。




コルソ通り沿いにあった立派な建物。何かの宮殿だとガイドブックにありましたが、忘れました。



トレビの泉に到着。11年ぶりです。

トレビの泉はコルソ通りから少し狭い路地に入ったところにありますが、案内がそこかしこにあるので複雑でも迷うことはありません。

それにしてもトレビの泉は相変らず大混雑です。

前に来た時もそうでしたが、黒人のポストカード売りやミサンガ売り、外国人をターゲットに声をかけてお金をもらおうと企む土人が溢れています。ゆっくりと泉の写真を撮りたくても突然やってくるので油断できません。

と言うわけで、人混みが苦手なので写真だけ撮って退散。



こちらはコルソ通り沿いにあるガッレリア・アルベルト・ソルディというショッピングセンター。

トレビの泉のすぐ近くにあります。無料のトイレを利用しようと思って来ましたが、混んでいたので諦めました。

コルソ通りをさらに北上し、スペイン広場に向かいます。



途中、バールに立ち寄って食事をしました。

ペンネとコーラのセットが6ユーロでした。美味しくはなかったですが。



コルソ通りからスペイン広場に向かう途中には、コンドッティー通りというブランドストリートがあります。

ミラノ同様、高級ブランドばかりが並ぶ通りです。

コンドッティー通りを進み、スペイン広場に向かいます。

続く



プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
新ブログ、「タイランドニート」はこちら↓

http://thailandneet.com/


タイランドエリート会員のニート。就職経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR