バンコクで週末でも混んでいない店を探す

土曜日。

日本では今日から3連休ですね。

僕の方は、今週は信用取引の信用売りで、ついに空振りしてしまいました。

売国テレビ局のテレビ朝日と、孫正義(ソンチョンギ)氏の率いるソフトバンクを空売りしていたのですが、

前者はうまくいったものの、後者は米国のファンドが大型ソフトバンクに投資するというニュースが流れ、予想に反して株価が爆上げ。

空売りのポジションだった僕は結構なダメージを被ったわけです。

週明けに損切りしようと思っていたら、上記の通り、日本は月曜日が休場なので、火曜日まで塩漬けです。

まあ、火曜日の朝に大きく上げなければ、損失は月収の半分で済みそうです。

さっさと損切して心機一転したいですね。



さて、バンコクでの土曜日は、週末でも混まないフードコートでランチをして来ました。



セントラルチットロム7階のフードロフトです。

僕の近所のエンポリアムとエムクオーティエのフードコートも空いているのですが、店がショボいだけなので眼中になしです。

僕も一応エンポリ族ですが、唯一、エンポリアムに文句があるとすると、フードコートの貧弱さです。

10年くらい前のエンポリのフードコートは山小屋ラーメンや各国料理があって重宝したのですが、今はタイの屋台料理の値段を高くしただけの中途半端なものばかりです。

そしてフードコート以外だと、プロンポンの普通のレストランは土日は混んでいる。


そこで試したのが、チットロム駅に隣接するセントラルデパートのフードコートです。

チットロムに来る人の多くはおそらくセントラルワールドに向かうので、逆側のセントラルチットロムは比較的人が少な目です。

そのセントラルチットロムの7階にあるのがフードロフトですね。




こちらはいわゆる高級フードコートで、多国籍料理が中心です。

各店舗でオーダーしてレシートを受け取り、着席してウエイトレスにレシートを渡すと、客の代わりに料理を取りに行ってくれます。


今日は自分で具とソースを選んだイタリアンのスパゲティと、インドのチキンティッカで420バーツ。

一人でゆっくり食事が出来ました。

パスタも良かったですが、チキンティッカにライムを絞って食べたのが特に美味しかったです。

次回は和食かレバノン料理でも試してみようと思います。


食後は同じくチットロムのアマリンプラザへ。

実は僕、つい最近までここのタイ語学校に通っていましたので。

アマリンプラザの上にあるフードコートフロアにあるマックカフェが空いているんです。



以前は授業前にここで暇つぶしをしていました。


隣にはカフェアマゾンもあります。

長年タイでニートをやっていると、どこが混んでてどこが空いているのかがわかってきますね。




ベラナポリ・ピッツェリア(スクンビット・ソイ31)

スクンビット・ソイ31のベラナポリ・ピッツェリアに行って来ました。

ベラナポリはソイ31に入ってすぐ、S31というブティックホテルの少し奥にあります。



このレストラン、お客さんの日本人率がすごく高いですよね。

観光客というよりは在住者がメインで、駐在員や駐妻の話がよく聞こえてきます。

チットロムやサイアムに行くと、街を我が物顔で人の迷惑も考えないやかましい支那人が歩いていたり、時代遅れのでかい眼鏡をかけて不快な言語をしゃべる朝鮮人のあまりの多さに辟易しますが、プロンポン周辺はやはりまだ日本人の存在感が圧倒的でホッとしますね。



写真はパプリカやサルシッチャのピザ。350バーツくらいだったと思います。

大きくて手べきれなかったので残りは手提げ袋に入れて持ち帰りました。

ベラナポリに来れば、バンコクにいながらもイタリアの観光地でのレストランで食べるよりも美味しいピザが、イタリア現地よりも安く食べられるので、ここは穴場スポットだと思います。

店の雰囲気も良く、イタリアンミュージックも流れていて、若いころにイタリアを旅した思い出がよみがえってきました。

このほかにペンネのアラビアータとシーザーサラダ(どちらも250バーツ程度)を注文しましたが、写真を撮り忘れてしまいました。

プロンポンには他にもソイ33にバジリコ、エンポリアムにはポモドーロなどのイタリアンレストランがありますが、ピザを食べるならソイ31のベラナポリ・ピッツェリアが特に気に入っています。


老山東(スクンビット26)

金曜日の夜、スクンビット・ソイ26にある中華レストラン、老山東に夕食に行ってきました。

ペキンレストラン(老山東)はシーロムを含めてあちこちに支店がありますし、タイ自由ランドでも紹介されているのでご存知の方も多いと思います。

僕もシーロム店はよく利用していましたが、スクンビット支店で食べるのは初めてです。

そのスクンビットソイ26店、金曜日の夜はガラガラなのでおススメです。

なぜなら、この老山東のスクンビット26店があるリッチモンドビルは、オフィスだけの殺風景なビルだからです。

昼は混んでいても、夜に行ってみたら、ビルはこの店を除いて真っ暗。

週末はエンポリアムもエムクオーティエも人でごった返していますが、ここならゆっくり食事が楽しめます。

メニューも他の支店と同じで、日本人には馴染みのあるものばかりです。










僕が頼んだのは、インゲン炒め、キャベツ炒め、豚肉炒めと、どこの中華レストランにもありそうな普通のメニューです。

偶然この3皿すべてに唐辛子が入っていて辛かったです。

これにライスを注文してちょうど600バーツでした。


ペキンレストラン(老山東)が店を構えるリッチモンドビルはスクンビット26のかなり奥の方なので徒歩でのアクセスは無理ですが、モーターサイなら簡単です。

ソイ26の入り口、あるいはソイ24のエンポリアム前のモーターサイ乗り場で「リッチモンド」と言えば確実に伝わります。





Dairy Farmers Thick & Creamy Yoghurt

タイにいる間、ほぼ毎朝食べていたヨーグルトです。

オーストラリアからの輸入品ということで、値段は1個69バーツ。

IMG_6530_convert_20180403174820.jpg

タイ産のヨーグルトなら10数バーツ、明治のブルガリアヨーグルトでも20バーツで買えるのですが、この濃厚さが気に入って毎晩、エンポリアムのスーパーで翌日の朝食用に買っていました。

僕が食べているイチゴ味は多少は甘さはありますが、タイのヨーグルトのように甘いだけというわけでもなく、なかなか飽きない味ですね。

エンポリアムやエムクオーティエのスーパーに行けば、これでもかというくらいの種類の各国のヨーグルトが棚に並んでいますが、いろいろと試して一番気に入ったのがこのDairy Farmers Thick & Creamy Yoghurtです。

日本では僕はスーパーに行くことがないので、このブランドの輸入品があるかどうかは分かりませんが、こんどちょっと探してみようと思います。


ちなみに、このヨーグルトと一緒に僕が毎朝部屋で食べているのは、同じくエンポリアムのスーパーで買うサラダです。

自分でパックに詰めてグラム単位で買うサラダバーのあれです。

大体、サラダ一食分でいつも100バーツくらいになります。

もちろんサラダと言っても野菜ばかりではなく、うずらの卵やハム、ナッツ類、鶏むね肉なども詰め込み、オリーブオイルと日本から持ってきたドレッシングをかけていただきます。


こんな感じで、サラダと上記のヨーグルトを加えて、朝食にかかる費用は170バーツほど。


皆さんは朝はどんなものを食べていますでしょうか。

旅行でタイに来ている方はホテルの朝食会場という場合が多いのかもしれませんが、長期の方が食べている物に興味がありますね。

僕はコンドミニアム住まいなのでキッチンはありますが、自炊はしていないので、基本、朝食は前日の夜に買ってきたものを食べています。



シャンパレスで中華(シャングリラホテル)

11日24日金曜日。

昨夜のギリシャ料理に続き、この日はチャオプラヤ川沿いのシャングリラホテルにある中華レストラン、シャンパレスで夕食を食べてきました。

毎日をプロンポンで過ごす僕にとって、ここサパーンタクシン駅まで来るのはすごく久しぶりです。

前回来たのは1年半ほど前、旅行でルブア・アット・ステートタワーに宿泊していた時です。

IMG_5597.jpg

サパーンタクシン駅を出てすぐ、正面にある高層ビルがルブア。ルブアの向かいにはセンターポイントシーロムやロビンソンがあります。

この辺りは人通りが多いですね。場所柄日本人はあまりおらず、歩いているのはオフィス勤めのタイ人やファランです。

シャングリラホテルはルブアから歩いてすぐの川沿いにあります。

最近シャングリラホテルも入るときにバリ島みたいに手荷物検査があるんですね。

IMG_5598.jpg

シャングリラのロビーラウンジはいい長めです。もっと早い時間に来ていればアフタヌーンティーもここで楽しめたはず。

IMG_5600.jpg

川沿いに出てみます。

IMG_5603.jpg

夕方は風が気持ち良いです。プロンポンやトンローとは別世界ですね。

しばらく来ない間に、リバービューのコンドミニアムの建設が続々と始まっていますね。

IMG_5604.jpg

夕食までの間、シャングリラのプールサイド付近を歩いて暇つぶし。

IMG_5605.jpg

IMG_5606.jpg

こちらはシャングリラのすぐ向かいの向こう岸にあるザ・リバーというコンド。

僕も8年前にプリセールの時にショールームを見にいったことがあります。もう立派に完成してランドマークになっています。買っていれば今頃転売で大きく儲けていたはずですが、あの時は僕も貧乏だったので指をくわえてショールームのペントハウスを見ているだけでした。

時間が来たのでホテル二階の中華、シャンパレスに入りました。

IMG_5609.jpg

予約してありますが、どうせ店内はガラガラです。

基本的に食べに来てるのは宿泊客だけなのでしょうね。僕は逆に宿泊したことは一度もないのに、シャンパレスには記念日に何度も来ています。


IMG_5607.jpg

やっぱりほかに客は2組しかいなかったので静かに食事を楽しめました。金曜の夜はどこも混んでいますが、ホテルのレストランは高額ですがそういう時にこそ使えますね。

IMG_5608.jpg

注文したのはインゲン炒めと鶏肉カシューナッツ炒め、野菜炒めと、日頃街中で食べているのと同じメニューです。

それでも味は洗練されており、堂々と知り合いを連れてこられるレベルです。

値段は高級ホテルとしてはリーズナブルで、シーフード類でなければ一品300バーツ程度です。

会計は、上記の写真の3品とプーアル茶、ライスを合わせて1600バーツほどでした。

デザートにマンゴープリンを食べたいところでしたが、お腹がいっぱいだったので遠慮しておきました。

帰りは腹ごなしに少し歩きたかったので、タクシーには乗らずにBTSで帰宅したのでした。


プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
タイランドエリート会員のニート。就業経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR