FC2ブログ

タイも乾期がやって来ました

11月に入ってからのカラシンのネコたちです。

3匹が住んでいるのはカラシンの山の中のため、気温が大分下がっているようです。

なので子猫のオーリーは先輩ネコのレモンのお下がりの服を着ています。(レモンは太り過ぎて服が着られない)

222.jpg
22.jpg
2 (5)
2 (3)
2 (1)

スティックとレモンも、一緒にチュールを食べるくらい仲良くなりました。

とりあえず近況まで。

【元ベンチャシリ公園のトラ猫タイガー】引っ越し完了

サムットプラカーンの里親に引き取られたベンチャシリ公園のトラ猫のタイガーが、予定通りチョンブリー県に引っ越しをしました。

ちょうど今日で1週間くらい経ったと思います。

7.jpg

初日から数日は近所の探検。

6.jpg

タイガーが寝泊まりしているのは写真の発泡スチロールの中。

僕がもっと快適なキャットハウスを送ってあげたのに、お気に召さなかった様子。。

写真右の扉が飼い主さんの部屋。

タイガーも入室できるのですが、眠るときはなぜか上記の発泡スチロールを選ぶそうです。

5.jpg

公園にいた時よりも太ったというのは前回も書いた通りです。

4.jpg
3.jpg
2.jpg
1.jpg

タイガーが住む新しい工場の倉庫は、バンコクからチョンブリー県の公道にほぼ面しており、僕の方から会いに行くのは難しくはないと聞いています。

ですが、具体的に聞いてみると、近所にバスが止まる場所からは離れており、レンタカーを借りてアクセスしないといけなくなりそうです。

もう少し落ち着いたころに挨拶に行ってみたいと思います。


新しいブログを開設しました

先日書いたブログの引っ越についてです。

まだ完成はしていないものの、とりあえず開設まではこぎつけることが出来ました。

http://www.thailandneet.com/


タイのショッピングモールではないですが、いわゆるソフトオープンみたいなものですね。


新ブログは、独自ドメインを取った上で、ワードプレスで作りました。

今後の予定としては、以下のように考えています。

1.現在のFC2ブログにあるコンテンツの中で、タイランドエリートや、ホテル、バンコク不動産、タイ地方都市やアジア諸国への旅行記など、情報的な要素のあるコンテンツの投稿に関しては、新しいブログに少しずつ移動していくつもりです。

なぜなら上記のようなコンテンツは人の役に立つ可能性があるからです。

2.一方で、「これからタイに行きます」とか、「あー疲れた。」みたいな、他の人にとってどうでもよいような呟き的な投稿は、FC2に放置します。

3.その上で、今日以降、新しく書く投稿については、「情報系」、「どうでもいい日記系」の内容もすべて新ブログに書いていくこととします。

新ブログでは、重要な投稿がどうでもいい投稿に埋もれないよう、関連記事、おすすめ記事のような形で、ブログの目立つ場所から消えないよう工夫していくつもりです。

一応、僕も自分の会社のHPは自分で作って運営していますし、10年前にWebの学校に通っていたこともあるので、ほんのわずかなweb知識はまだ残っています。

でも、ワードプレスというインフラに関しては全くの初めてです。

FC2ブログと比べるとワードプレスは、はるかに難易度が高いですが、一度覚えてしまうと使い勝手は良くなるようなので、これから少しずつ勉強しながら新ブログを作っていこうと思います。


そして、新ブログにも、コメント欄はあります。

ただしFC2ブログと違い、非公開コメントというのが存在しないことが分かりました。

その代わりに、コメントを残すだけだとすぐには画面に反映されず、管理人である僕自身が、そのコメントの承認、非承認を選べるようになっています。

承認されると公になり、逆に非承認あるいは削除すれば、他の人の目に触れることはありません。

よって、非公開で僕だけがコメントを読めるように希望される方は、以下のようにお願いいたします。

1.まずはコメントを書き込む。その際に非承認希望の旨を書いてください。(この時点では承認待ちで僕以外は見ることが出来ません)

2.僕がコメントを読んだら、そのコメントを非承認にします。

こうすることで、僕はちゃんとその方のコメントを読むことが出来、他の人の目に触れることはありません。


それともう一つお知らせがあります。

実はつい最近になってようやく、Twitterを始めました。

近頃、書きたいことが短い内容の場合は、ブログではなくTwitterでつぶやく方が楽なので、ツイッターを使うことにしました。

僕のTwitterへのリンクは新ブログに貼ってあります。



「TJチャンネル」バンコク生活の1週間の食費

先日、タイで活動しているユーチューバーの「でいぜろバンコク」さんがタイランドエリートの紹介をしてくれたというトピックを書きました。

そして今日、別のタイ系ユーチューバー、「TJチャンネル」さんが「バンコクでの1週間の食費」について動画をUPされていたのを視聴しました。

日本に一時帰国したりしていると、なぜか無性にタイ関連のYouTubeを見たくなるんですよね。

TJチャンネルは、TJさんという日タイハーフの30歳くらいの男性と、そのお仲間4,5人(?)で運営されているチャンネルで、僕は今年の5月にたまたま発見し、チャンネル登録しました。

で、直近でUPされていたトピックが、TJさんの食費が1週間でどのくらいかかるのか、というものです。



結論としては、2000バーツ強とのことでした。

TJさんは朝食は自炊の目玉焼きや納豆、昼食や夕食はフードコート、スーパーの総菜などを活用されており、そのトータルが大体週2000バーツになるということで、とても参考になりました。

もちろん、屋台を利用することで更に節約が出来ること、日本食を食べると上記の予算よりも高くなることも動画内で補足されています。

まあ、日本人が3食すべて屋台飯というのは難しいと思いますし、クオリティー・オブ・ライフの観点から考えてもタイにいる意味がないでしょうから、やはりTJさんが実践されている予算が現実的かつ常識的なのだと思います。


そういう動画を見た後なので、僕自身も一体いくらくらい使っているのかが気になってきました。

正直、普段バンコクに住んでいて買い物やレストランで食事をするときには値段をあまり見ていません。

なので寸分の狂いもなく計算するのは無理ですが、1週間だとおおよそで10000バーツになりそうです。

一か月で言うと45000バーツくらいですね。

僕はお酒が全く苦手なので、アルコール代が一切かからないという意味では、普通の駐在員さんよりは割安になっていると思います。

一方で食事自体はいつも日本人エリアであるプロンポンで日本食を食べたりしているので、最終的には上記のような値段になっています。

朝食はエンポリで買ったサラダやヨーグルト、果物を部屋で食べるくらいなので、大して高くはありません。

いずれにしても日本にいる時は間違いなくもっと安く済んでいますね。

まあ、これらはあくまで食費なので、コンドミニアムの家賃を入れたら、バンコクに住むのも随分と高くつきそうですね。


それにしても、タイを舞台に活躍されているユーチューバーさんの動画を観るのは面白いですね。

僕はてっきり億り人になってゆとりが出来てから趣味でYouTubeで動画を作っている方が多いのかと初めは思っていましたが、見ている限りだと、どうやらYouTubeで生計を立てようと頑張っている方が多いような印象を受けました。

僕はYouTubeに関しては全くの素人なので分からないのですが、人気動画を作れる方はそんなに稼げるものなのでしょうかね。

それとYouTubeで食べている人って、タイのビザはどうしているのでしょう。

現地採用をやりながらYouTubeを作っている人ならば、ノンイミグラントのビザがあるのでしょうけど、専業になったら、なくなりますよね。

視聴者の僕としては、タダで動画が観られるし、地上波の下手な番組より面白いので、ユーチューバーさんを応援したいと思います。


バンコクとフーコック島に行ってきます。

今夜の深夜便で羽田からバンコクに向かいます。

ニュースによると関西国際空港は大変なことになっているそうですね。

幸い羽田空港は問題ないとのことで、出発24時間前である昨夜、無事にWEBチェックインが出来ました。


ところで、座席の都合上、今回は不本意ながらエコノミークラスです。

しかも深夜便。神経質な僕はまず一睡もできないままバンコクに到着することになりそうです。

しかし奴隷船でスワンナプーム空港に到着した後は、立場が一転、タイランドエリートのEPA(エリート・パーソナルアシスタント)にエスコートされてタイにVIP入国です。

到着は朝の4時半ですが、BMWも手配済みです。

プロンポンのコンドミニアムには5時過ぎに着くと思うので、昼前まで部屋のベッドで眠ってからバンコクの初日がスタートです。


聞いた話ではバンコクもここ数週間、雨ばかりだそうです。

先月僕がいた時はそれほどでもなかったんですけどね。


向こうでの予定としては、タイに着いてからはいつも通りエンポリ周辺で猫を探しながら沈没生活を過ごし、

9月20日からは3泊4日でベトナムのフーコック島でバカンスを過ごすことになっています。


そして次の帰国の話ですが、実は9月30日にはまた仕事で日本に戻ってこないといけない予定になっています。

僕が日本に戻るということは、それだけ大金が動く仕事があるからですので、これはまあ仕方ないです。

いざというときに秒速で稼げる勝算があるからこそ、タイでニートでいられると考えるしかありません。



プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
新ブログ、「タイランドニート」はこちら↓

http://thailandneet.com/


タイランドエリート会員のニート。就職経験なし。

バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区の二重生活。

職業:
コンサルティング・投資会社経営(日本)、ニート

趣味:
海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:
暗記、空手。

略歴↓


2007年3月
経営学博士前期課程修了

2007-2008年
バンコクに1年間遊学

2008年4月
日本帰国と同時に東京でコンサルタント会社を設立。

2009年6月
二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

2011年4月
日本帰国

2015年6月
ラットレースを抜け出し、本業を引退。

2017年9月
タイランドエリート入会。

現在は東京とバンコクを行ったり来たりの二重生活を満喫中。

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

訪問者数

タイ情報 にほんブログ村

セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR