バンコクのホテルをどうしよう

皆さんは、ゴールデンウィークの予定は決まっていますか?

僕は4月26日から5月10日まで15日間のバンコク行きの航空券をマイルで取りましたが、優柔不断で宿泊先がなかなか決められません。

いくらマイレージとは言え、一応、生まれて2度目のファーストクラスに乗る訳なので、飛行機を降りてから前回のようなラチャダーの格安アパートに泊まるというのも気分を壊しますよね。


なのでやっぱり5つ星といきたいのですが、15泊分だと料金もかさみますからねー。


いろいろ考えた結果、今回はチケットがタダなのだから、ホテルくらいは多少贅沢に行こうという方向で考えています。

場所的には、タイ語学校に通うつもりなので、BTSの駅から歩いて行けるホテルが希望です。チャオプラヤ川沿いはアクセスが悪すぎなので選択肢に入っていません。

あとは15泊分もあるので、一箇所に泊まるか、気分転換に複数のホテルを移動しながら試してみるかという問題だけですね。

まあいつまでも考えていても仕方ないので、来週中には予約を確定しておこうと思います。





以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

食べ物の景品はありがたい

マネーパートナーズのキャンペーンで、3か月連続で同じ景品に当選しました。

銀座初音ベーコン・ソーセージ盛り合わせです。



ヤマトのクール便で届きました。



月間の取引が200万通貨以上ならもれなく当たるキャンペーンだったと記憶しているので、余程小口のトレーダーでない限りは当たるのではないでしょうか。

僕は個人と法人の2口座で応募し、両方で当選しています。

賞品はいくつかの中から選べるのですが、アイスクリームやあんみつよりも肉類の方がおかずになりますので、何となくでソーセージとベーコンの盛り合わせやすき焼き用の牛肉などを選択しています。



以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

少ない元手で自分の会社を大きく見せる僕の方法

今週は自社Webサイトリニューアルに時間を取られたおかげで、珍しく暇な思いをせずに過ごすことができました。

自分の会社のホームページがGoogleの検索エンジン上で何位になっているかを確認するため、キーワードを入力してみると、ほとんどの関連キーワードで1ページ目にランクインしていました。

つい数週前までは2ページ目以降に埋もれていたのが、今では大手コンサルティング会社と同じか、それ以上のランクに来ていて、ちょっと自画自賛したくなりました。


資本金10万円の僕の会社が、1億円の企業と戦うには、戦場をWebに移す必要があるのです。


ご存知の通り、僕の会社は事務所もなく、登記上のバーチャルオフィスを使い、荷物は自宅への転送サービス、電話は代行業者に頼み、受注したコンサルティングの仕事も下請けに丸投げするという、完全に他力本願のお一人様企業です。

しかしながら、現代は、おひとり様でも活路があるくらい、起業して成功出来る世の中なんだなーと感謝しております。


一昔前までは、1000万円以上ないと株式会社が作れなかったですし(有限会社は300万円)、実在するオフィスがあり、受付嬢、電話担当、営業部隊を雇用して初めて企業活動が成立したものです。

もちろん、今でも僕の会社がバーチャルオフィスであることや、資本金が10万円であることなど、クライアント企業は知る由もありません。

厳密に言えば、資本金は法務局に行って登記簿謄本を取れば誰でも捕捉出来ます。ただ現在も僕の会社が東証一部の大企業からも普通に受注できていることを考えると、担当者もそこまでは確認してないようです。

まあ、資本金10万円であることが知られれば、取れる契約も断られる可能性はありますけどね。あるいは圧倒的に不利な契約を押し付けられるかです。

だからこそ、僕は今、増資を考えているわけです。

ちなみにオフィスについては、もしクライアントが「御社の事務所に伺います」と言ってきたときは、

「弊社は手狭ですので、こちらから伺います」、あるいは「会議室が埋まっておりまして」などと言って誤魔化すか、東京アメリカンクラブのカフェスペースに誘導することで解決しています。

アメリカンクラブを使うかどうかは、相手の企業のグレードと、担当者の肩書きを見て決めます。

もし僕の父の肝いりプロジェクトで、クライアントが上場企業で、尚且つ訪問者が役員クラスだったりした場合は、東京アメリカンクラブのカフェではなく、上階の有料の会議室をレンタルします。(会議室は1時間6000円ほどなので特別高くもありませんが、とにかく豪華です。)

そういう訳で、こちらも変幻自在に対応し、そして相手の懐具合をよく見ているということです。

もちろん、アメリカンクラブの会員になるのは普通の人にはまず無理なので、参考にしていただけるとすればそれ以外の部分です。


上記のような工夫をすることで、ニートの僕が経営する、資本金10万円のお一人様バーチャルオフィス企業でも、

クライアントからすると、まるで資本金5000万円で南青山にオフィスを構え、20人のコンサルタントを抱える中堅コンサルタント会社のように見せることが出来るのです。

ただし、このやり方は元手のかからないコンサルのような業種だからこそ可能だということは付け加えておきます。


それにこの手法がいつまで通じるかは分かりませんし、もっとガッツリ儲けるためには、やはり何人か人を雇い、ちゃんとしたオフィスを借りる必要性は感じています。


でも僕としてはそこまではせず、この会社の年商をそこそこ大きくした後は、会社そのものを、純資産の4倍か5倍くらいの価格で下請けの方の一人に売却して手を引き、自分でまた新たなビジネスを築きたいと考えています。




以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

ネズミ捕りにどんどん引っかかっています

お客さんをネズミに例えるのは申し訳ないですが、会社のHPの更新を始めてから、新規の問い合わせがどんどん来ています。

何かが上手くできないとき、「まだ本気出してないだけ」という定番の言い訳がありますが、今回は本気でガリガリWEBサイトを加筆・修正しています。

まあ、ホームページのリニューアルにしては結果が出るのが速すぎるので、おそらくこれは季節的な要因もあるのだと思います。

ちょうど4月が近いので、新年度に向けてどの企業も新しい予算が使えるため、新規プレジェクト開始のためにコンサルタント会社をネットで検索しているのでしょう。

サイトの更新はまだまだ途中ですので、これからさらに効果が出てくるはずです。

仕事が取れたら、どんどん下請けに割り振っていくつもりです。

仕事を下請けに丸投げする分、僕の粗利が低いので、とにかく量をこなしたいですね。

この通り今はコンサルティング業が掻き入れどきなので、投資業は少しお休みしたいとお思います。

集客が一巡するゴールデンウィークには久しぶりのタイ旅行が待っています。

この調子で仕事がうまく取れそうなら、バンコクのホテル代も少々奮発してもいいかなーと思っています。






以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

事業を継ぐタイミングが悪かった後輩

先日のブログで、大学の後輩が親の跡を継いで上場企業の社長になったと書きました。

後日、その会社のホームページから決算書をダウンロードして分析したところ、実はかなりヤバイ赤字企業であることが分かりました。

社長になったと聞いたときは、僕も「へー、羨ましいなー」なんて思ったものでしたが、財務諸表を一瞥した途端、背筋が凍りそうになりました。

戦後すぐ創業した地方の老舗企業なのですが、数字を見たところ、今やもはや虫の息です。もう長くは持たないでしょう。

しかも後輩も万全な状態で会社を継いだのではなく、父親の病気で意図せずして急に社長に就任したわけです。彼は性格も良すぎるし、これから潰れかけの上場企業を率いるのはかなり大変だと思います。



実は一瞬、僕も株式投機家としてこの会社の株を空売りしたら、大きく勝てるのではないかと思ってしまいました。

まあ、そんなことはしませんが。


なぜなら、後輩が敗北する方に賭けるのは、同じゼミの先輩としてあまりに姑息だし、第一、後輩本人や教授を通じてインサイダー情報が手に入ってしまう可能性もあるからです。

と言うわけで、この会社とは関わらず、後輩の再起を祈るばかりです。


まあ、いずれにしても、ジムロジャースみたいに継続が困難なヤバイ会社を探して空売りするようなやり方は僕はやったことがないし、証券口座でどうやるのかも知りません。

そんなことをするよりは、これから大きく成長しそうな会社に投資した方が、健全だし夢があると思います。








以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング
プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区在住。

職業:企業家、投資家、ニート

趣味:海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:暗記。

略歴↓


  • 2003、2004年:イギリスとアイルランドにホームステイ

  • 2007年3月:経営学博士前期課程修了

  • 2007-2008年:バンコクに1年間遊学

  • 2008年4月:日本帰国。東京でコンサルタント会社を設立。


  • 2009年6月:二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

  • 2011年4月:日本帰国


  • 2015年6月:ラットレースを抜け出し、本業を引退。

  • 現在は東京で生活しながら、タイへのプチ移住を検討中。海外旅行には毎月出かけている。


最近の記事+コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

訪問者数
バンコク旅行 にほんブログ村
タイ情報 にほんブログ村
セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索
カテゴリ
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2ブログランキング
タイ・ブログランキング