ANA 2時間遅延

これでようやく飛行機に乗れると思ったら、全日空から遅延のメールが届きました。

乗る予定だった飛行機の到着遅れのため、0時半の出発が、2時半に遅れるとのことです。

まあ、この連絡は僕がアパートを出る前に届いたので、チェックアウトさえ遅らせれば無駄に早く空港に行かなくてもよかったのですが、問題は、ピックアップを頼んだリムジンの融通が効きませんでした。

直前なので100%のキャンセルチャージがかかるということだったので、止む無く、遅延を知りながらも同じ時間に送迎を受けることにしました。


というわけで今は離陸の5時間前ですが、もうスワンナプームに来ています。

うーん、全日空にしては珍しい大幅遅延ですね。


まあ、何れにしても、スーパーフライヤーズ会員なのでラウンジが使えることだけは幸いでした。

これからしばらくラウンジで暇つぶしです。









以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

機内で眠れる人が羨ましい

2月20日の夜9時。

今からSPリムジンの送迎車でスワンナプームに向かいます。

夕方、プロンポンのJクリニックで首の最後の治療を受けて来たばかりなので体はスッキリしています。

飛行機は全日空のエコノミーですが、Webチェックインで中央部の最前列を確保しました。

深夜0時のフライトなので、成田に着くのは朝の8時くらいですね。

毎度のことですが、神経質な僕は機内で眠れるかどうかが非常に大きな問題なのであります。





写真はスクンビットソイ33の猫。僕もこのくらい平穏に眠れればいいのですが。。


まあ、今回のフライトさえ耐えれば、次回以降は、4月はタイ航空のファーストクラス、6月と8月は全日空のビジネスクラスなので睡眠の心配はなさそうです。


帰国したら翌日は会計事務所に行って法人の決算報告を受けることになっています。

それともう2月下旬なので、帰国と同時に確定申告の書類を税務署に送らないといけませんね。書類自体はもう用意出来ていますが。

資産をフルで運用している僕にとって、ちょうど今が一年で最も資金繰りに窮する時期なのです。

他にも雑用が溜まっているはずなので、帰国してから2月一杯はバタバタしそうです。

あぁ、バンコクでは今回も楽しく過ごさせてもらいました。

クリニックのおかげで痛かった左の首も治ったし、マッサージやフェイススパではリラックス出来たし、タイ語学校では若くて可愛い先生に楽しく教えてもらえたし。


とにかく今回は満足です。


これでまたゴールデンウィーク前まで、2ヶ月は日本で頑張れます。


以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

とても充実したラチャダー生活でした

明日の夜にスワンナプーム空港に向かいます。

振り返ってみると、今回は17日間の滞在でしたが、総合的な満足度は非常に高かったです。

まず、J -clinicに4回通ったことで、首の痛みもしっかり取れました。これで日本に帰って仕事を始めても当面は大丈夫でしょう。

クリニックでは10回分の回数券を13000バーツで購入したので、残りの6回はゴールデンウィーク休みとそれ以降の訪タイで使うつもりです。

次に、タイ語学校も今回の17日間で4回通いました。祝日があったせいで予定していた5回は無理でしたが。

日本に帰国していたので12月以降は学校に来ていませんでしたが、タイに来る前に予習復習をしっかりやっておいたので授業はスムーズでした。

新しい先生にも満足しているので、こちらも30レッスン分を再契約し、次回訪タイ用に14000バーツほどの授業料を払っておきました。この分も次回ゴールデンウィークと6月の訪タイで消化する予定です。

その他のアクティビティとしては、毎日空いているショッピングセンターのコーヒーショップでネットをやりながら本を読んだり、投資相場をチェックしたりしていました。まあこれは日本にいる時と同じです。

でもタイだと疲れたらマッサージに気軽に行けるのがいいですね。

そして今回宿泊していたのは、いつものようなプロンポン周辺のサービスアパートではなく、ラチャダーの普通のアパートメントです。

最近では空いている部屋を週貸しで利用させてくれるようになったので、今回は僕もそれで17日間お世話になりました。

総額で10000バーツ程度だったので、プロンポンに泊まるよりは随分と安上がりになりました。

しかもエスプラネードやセントラルラマ9がすぐ近くなのでロケーション的にも抜群でした。


写真は、そのアパートのすぐ横の長屋に住んでいる猫。



毎日、夜に部屋に戻る時に迎えてくれました。



滞在中は毎日会っていたので、もうすっかり懐いてくれるようになりました。




そんなわけで、今回はラチャダー滞在を満喫したのでした。


ただし、先日も書いた通り、最近の地下鉄の混み具合は半端ではないですね。

帰宅ラッシュ以外の時間でも、夜になるととにかく混んでいて数車両分見送ることが何回もありましたので、帰宅が夜遅くになる場合はタクシーに乗ってしまったほうが楽かもしれません。


まあ何れにしても今回は楽しい休日を過ごすことができました。


帰国をしたら、翌日には会計事務所で会社の決算報告を受け、別件で個人の確定申告も出さなければいけません。

それ以外にも事業規模拡大の秘策を粛々と実行していくつもりなので、次回タイ訪問のゴールデンウィーク前まではしばらく戦闘態勢に入ります。


次回の旅行はタイ航空のファーストクラスでフライトを予約しているので、今から楽しみです。


まあ、それまでは日本での仕事を着実にこなしていきたいと思います。






以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

タイに住むのは最長2年が僕の理想な件

先ほど、例外の人たちを除いて僕はタイに住んでいる日本人は好きではないと言いましたが、その例外の人たちとは、初めて会ってから何年経っても付き合いを続けていますし、タイにいる時も日本にいる時も普通に会ったりしています。

それでも、考えてみると、現在でも僕と繋がっている方の中でも、この10年間ずっとタイに住んでいるという日本人は一人もいません。

もちろん僕だって大半は日本にいるわけですし。

ビザが切れる、貯金が底を尽きる、家族の病気など、皆さん、それぞれの事情で数年で日本に最終帰国している感じです。


僕も経験しているのでわかりますが、1年か2年ならともかく、それ以上の期間をずっとタイで過ごすのはやっぱり難しいのでしょうね。(駐在員は除く)

例えば僕の場合でいうと、留学ビザは何年ももらえるわけではありませんし、かと言って観光ビザで出入国を続けるのも面倒です。だから留学ビザがなくなる1、2年で帰国するとちょうどいいんですよね。

このくらいの長さなら日本の籍を抜かず、普通に日本で税金を払い、帰国した後もスムーズに日本での生活に戻れます。

タイのアパートやコンドミニアムも1年単位くらいで更新のタイミングが来るので、その更新の決断を求められた時に、ビザの維持にかかる手間のことや、上記の日本での手続きのことを考えると、そこまでしてタイに留まる理由が見つからず、やっぱり帰ろうという結論になるのだと思います。

僕の場合は違いましたが、2年以上無職でいることが経済的に不可能な人の場合、現地採用で働くくらいなら、日本に戻ったほうがマシだという方向に気持ちが揺れるのも納得がいきます。

こうしたことをすべて考慮すると、僕の結論としては、タイに住むことを人生の最終目標のようにするのは、考え直したほうがいいのではないかと思っています。

それよりは、何らかの事情で日々の日本でのしがらみが嫌になった人が、日本での生活に戻るための充電期間として、癒しの場としてタイに長期滞在するのがベストなのかなーというのが僕の考えです。

1、2年タイに住んで後、日本に帰国してまた仕事に戻るなどして日本社会に復帰し、何年か経って、嫌になったらまた1年くらいタイに来るというのはどうでしょう。


もちろんこれは日本での再就職のことを考えると現実的なアイデアではないのかもしれませんが、実家が商売などをやっていてそういう心配がない人や、生活の糧にそれほど困っていない人にとっては検討の価値があるのではないかと思います。

まあ、タイ人の方と結婚するというなら状況も180度変わってきますが、それはそれできっと大変でしょうねー。




以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

僕の周りのタイ人と日本人

今日は、タイでの僕の人間関係について書いておこうと思います。

前にも書きましたが、僕は自分と同じようにタイで生活している日本人のことは、何人かの例外を除き、あまり好きではありません。

でも、タイ人に紹介してもらったタイ人ネットワークを広げていくのは好きです。

僕も初めてタイで生活を始めてからちょうど10年になるので、いろんなつながりがあります。

たいていの場合はタイ語学校か英語学校の友達、先生、スタッフからスタートし、その人達が他所から友人を紹介してくれ、芋づる式に人間関係が広がっていくことが多いです。

それ以外では、同じアパートやコンドミニアムや近所に住む人と仲良くなったケースもあります。そこからまた芋づる式に別の人を紹介してもらったりします。


最近ではタイ人のビザ規制が緩和されたこともあり、タイで知り合ったタイ人が日本に遊びにきて、その時に東京であったりするケースもありますね。


僕が経験している限りでは、タイ人の友達はしばらく会っていなくても疎遠になることはほとんどなく、Facebookなどで常に何かしらのフォローをしてくれてまたどこかでスムーズに再会できる雰囲気を作ってくれているような気がします。


そう言う意味ではタイ人は人間関係の維持が上手なんですね。










以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング
プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区在住。

職業:企業家、投資家、ニート

趣味:海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:暗記。

略歴↓


  • 2003、2004年:イギリスとアイルランドにホームステイ

  • 2007年3月:経営学博士前期課程修了

  • 2007-2008年:バンコクに1年間遊学

  • 2008年4月:日本帰国。東京でコンサルタント会社を設立。


  • 2009年6月:二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

  • 2011年4月:日本帰国


  • 2015年6月:ラットレースを抜け出し、本業を引退。

  • 現在は東京で生活しながら、タイへのプチ移住を検討中。海外旅行には毎月出かけている。


最近の記事+コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

訪問者数
バンコク旅行 にほんブログ村
タイ情報 にほんブログ村
セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索
カテゴリ
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2ブログランキング
タイ・ブログランキング