Chinawhite (セントラルワールド)

早いもので、明日の夜にはもう帰国便に乗る予定です。

日本の知り合いに僕がバンコクに滞在していることを話すと、何だかとてもゆるい生活をしているんだろうと思われがちですが、僕にとっては日本にいるときの方がもっと何もすることがないので、逆に習い事や友達との付き合いが多いバンコクにいる方が、時間が過ぎるのが速い気がします。


さて、2日ほど前になりますが、セントラルワールドで夕食を食べてきました。

3階にあるChinawhiteというヤワラーの中華料理のお店です。

本店がヤワラーにあるのか、ヤワラーをイメージしたお店なのかは分かりませんが、値段が手ごろだし、日本食ばかりだとつまらないので久しぶりにタイ人が食べるものを食べてみようと思った次第です。



頼んだのは、チャーシューが乗ったどんぶりと、カイジアオ(オムレツ)、ケール炒め、単品ライス、水で、合計でちょうど300バーツでした。

これで二人分なので、いつも食べているものと比べるとリーズナブルな感じがします。1品80バーツくらいのメニューが多かったです。料理も僕の口には合いました。

僕が知っているタイ人の友達の多くはヤワラーの屋台が大好きなので、時々一緒に食べに行こうと誘われることもよくありますが、あんなに遠いところまで行くのはめんどくさいのでいつも遠慮しています。

セントラルワールドに似たようなお店がこうして存在するのなら、尚更ヤワラーに行くのは億劫になりますね。ヤワラーはものすごい人が多いですし。

それにしても、セントラルワールドというと日本食が圧倒的な人気があるためか、このChinawhiteはいつ通り過ぎても客の出入りが少なくて閑散としているのが分かります。なので土日で館内全体が混んでいるときにこの店に食べに行くのがいいと思います。

ところで、そのセントラルワールドですが、僕の聞いた話では7月からリノベーション工事に入るそうです。

たしかに大戸屋、OMU、八番らーめん、ピザカンパニー、スエンセンスをはじめとして、すでに多くのお店が壁に囲われてクローズし始めているので何かおかしいなとは思っていましたが。

7月1日からリノベーションだったと思うので、ちょうど僕が帰国してすぐですね。

数日程度で済む簡単なリノベなのか、長期にわたる大規模改装なのかは分かりませんが、行動範囲が野良猫並の僕にもセントラルワールドは昼の暑さをしのぐ大事な場所なので、なるべく早い再開を期待しています。



以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

アユタヤ銀行での変更手続き

本日、スクンビットソイ23にあるアユタヤ銀行の支店まで新しいATMカードを作りに行ってきました。

ATM カードの有効期限は来年なのですが、去年からタイのすべての銀行のカードがICチップ搭載版に切り替えられたため、僕も安全面で早いうちにそうしておいた方が良いと判断したためです。

アユタヤ銀行スクンビットソイ23支店で手続きをしたのは、以前この支店で口座開設をしたからです。当時は同じジャスミンビルの上の階に、僕が通っていた英語学校がありましたからね。


さて、実際に行ったのは、以下の手続きです。


1.パスポート情報変更手続き

2.ATM カード更新

3.通帳繰越

4.ネットバンキング用の携帯番号の変更


なお、新しいキャッシュカードの発行とパスポート情報の変更は、自分が口座を開設した支店でしか出来ないとの事です。


さて、今回僕は上記の4つの手続きを同時に行ったため、同じような書類に合計十数回もサインをすることになりました。

結局、1時間以上の時間を要してしまいました。


一番大変だったのはパスポート変更手続きです。


これまで知らなかったのですが、僕は5年前にパスポートを更新していたので、本当はその時点で銀行に登録してあるパスポート情報も変更の手続きをする必要があったようなのです。


パスポートの変更手続きには、タイと日本での住所、タイでの会社名と所在地、日本での会社名と所在地、電話番号、年収、口座の利用目的などの記入が必要でした。つまり内容から判断してもこれは駐在員であることが前提というわけですね。


僕の場合は、駐在員でもないし、タイに勤める会社もなく、日本に自分の会社を持っているだけで、その会社はタイとは何の関わりもないわけですが、その辺はうやむやのまま便宜を図ってもらうよう頼みました。


とりあえず、

1.僕は日本に自分で作った会社がある。つまり定職についている。

2.毎月安定した収入があり、資産もある。

3.タイでは、事業とは関係なく休暇として長期滞在しているだけ。

4.タイではアパートに住んでいるので、ホテルとは違い固定した住所がある。

ということを強調した上で、必要書類に記入していき、最終的にこれで通用した次第です。

かかった費用は、新しいATM カード代の100バーツのみです。

ちなみに僕の日本の会社の事業内容もしっかり書かされました。


気になることとして、逆に、僕はすでに10年前に口座を開設してあるので、これで通用しなかったら一体どうなっていたのでしょうか?

10年前当時は観光ビザで留学という滞在形態でしたから、今とは状況が違うんですよね。現在は規制が厳しいので、ワークパーミットがなければ口座開設すら出来ないはずです。

それにしても、もし今、僕が無職で収入もなかった場合は、銀行側からは一体どのように対処されていたのでしょうか?口座を解約させられたとか?結局その辺は今でも謎です。


まあ、そんな感じで、パスポートを更新するたびにこういう手続きが必要だということがこれで分かりました。


もしタイで働いていなくて、正規のビザがない人は、更新の度に僕のように不安な思いをするということでしょう。

なので僕のようにノービザで、すでに過去に口座開設して銀行口座を持っている人は、更新の際に何らかの筋の通った説明が必要になるということは覚悟しておいた方が良いと思います。

もちろん銀行によって、支店によって、そして担当者によって対応は違うとは思いますが、常識的に考えても、ビザがなくて、タイ・日本に関わらず正規の職が無い人は、担当者にとっては相当に心証が悪いはずです。

もし駐在員であれば、銀行口座はもちろん、タイのクレジットカードも楽勝で作れるのでしょうけど、ニートの僕にとっては、なるほどこういうところで自分の境遇を思い知るんだなーと感じた1日でした。




以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

帰国前にエンポリ猫に挨拶

もう明後日の29日夜にはコンラッドホテルをチェックアウトして帰国です。

今回は6月4日に日本を出発したので、ほぼノービザ30日ぎりぎりの滞在となりました。

さて、昨日はJクリニックで体感を鍛えるプログラムを受けるため、コンラッドがあるワイヤレス通りからBTSでプロンポンまで出かけてきました。

予約時間まで1時間以上あったので、エンポリアムを出て、すぐ隣にあるいつもの猫屋敷に顔を出してきました。



そしたらやっぱりいました、エンポリ猫。

今日も人には興味を示さず、つながれたまま自転車の上で寛いでいました。

この自転車があるのはスクンビットの大通り沿いです。

このエンポリ猫がいる正面には、彼を含め20匹の猫が住む屋台兼タウンハウスがあり、平日の日中はタイのローカル客で非常に賑わっています。

茶トラのエンポリ猫に挨拶をした後は、そのまままっすぐ歩いてベンチャシリ公園に行き、公園に住んでいる猫たちを見るのが僕の日課なのですが、あいにくこの日は留守のようで会えませんでした。

たしかに時間が15時くらいだったのでちょっと早すぎたようです。ベンチャシリ公園の猫が出てくるのは大体6時過ぎの夕方の時間帯ですからね。

ちなみにエンポリ猫は飼い猫なので当然ですが、ベンチャシリ公園の猫も、夕方になると大きな餌袋を持って体操に来るおばさんたちから食べ物をもらっていますので、餌にはまったく不自由していないようで体もぽっちゃりしています。

というわけでこの日はJクリニックでプログラムを受けて帰ってきました。



以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

鼎泰豊

かなり久しぶりに食べてきました。

セントラルワールドの鼎泰豊。

鼎泰豊と言えば、僕の近所の二子玉川の玉川高島屋にもありますが、連れのタイ語の先生(これまでにも紹介してきたe-girlsの鷲尾怜奈さん似ではない別の女性です)が日本食が苦手なので、小籠包を試してみたのです。



オーソドックスな豚肉の小籠包10個入。これで200バーツくらいかな。



担々麺。この店の担々麺はスープはほとんどなく、ソース程度に下の方に漬かっているだけです。味も甘くておいしくなかったです。



ほうれん草のニンニク炒め。これはまあ、日本人にはなじみのある味なので僕にはよかったのですが、一緒に行ったタイ人の先生は味がないと言っていました。この先生、24歳で出身はノンタブリーなのですが、イサーン料理のような味が濃くて辛い料理が好きという典型的なタイ人なのです。

と言うわけで先制の表情は終始曇っていました。

僕は小籠包が好きなのでたまには行ってみたかったのですが、夕食のチョイスを間違えてしまいましたね。

最近の若いタイ人は、日本食や日本のお菓子が大好きな人が多いからこそ、セントラルワールドなどのショッピングセンターはそういった店ばかりが出店しているわけですが、日本食の大半は好きじゃないという子も一定数いるみたいですね。



以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

コンラッドホテル(ワイヤレス通り)

2017年6月24日。

約3年ぶりにワイヤレス通りのコンラッドホテルにチェックインしました。

コンラッドホテルと言えばオフィスビルのオールシーズンズ・プレイス内にあるため、その館内のスーパーのトップススーパーマーケットやスターバックス、また少数ではありますがレストランもあって便利な環境です。

そして3年前にはなかったセントラルエンバシーのデパートも大通りの入り口に開店し、条件としてはますます良くなっています。

最寄り駅はプルンチット駅ですが、チットロム駅からも歩けない距離ではないですね。

ホテルからプルンチット駅まではオールシーズンズプレイスの無料のシャトルバスが15分おきに出ています。

ロケーションに関しては以上ですが、

いざチェックインしてみると、ロビーは支那人だらけではありませんか。サイアムやチットロムを歩いていればいかにシナ人が多いかがわかりますが、コンラッドホテルも例外ではなくなっているようです。

ホテルに着いたのは12時半過ぎでしたが、待たずに無事にチェックインさせてもらいました。

僕が泊まるのは一番安いカテゴリーの部屋で、1泊9000円です。これから6泊することになっています。実際には最終日は夜にチェックアウトするので5泊ですが。今回は朝食は含まれていませんので、朝はデパートで買った総菜を部屋で食べるつもりです。

インターネット料金は含まれていないとのことでしたが、その場でヒルトンの会員登録をすることでネットは無料にしてもらえました。もしこれが有料であればもう二度と泊まらないでしょうけど。



こちらが今回の部屋。角部屋でした。



40平米くらいありそうです。



部屋からはオールシーズンズの別の棟やプラザアテネホテルが見えます。



机は使い勝手がよさそうです。



バスルーム。

それにしても最近はずっとアパートタイプの部屋に泊まっていたので、ホテルに泊まるのは今年はこれが初めてです。

さすがコンラッドなのでタオルも分厚くて新しくて良いですね。39ブールバードは雑巾みたいに端っこが破れた薄汚れたタオルでしたので、日本からマイタオルを持って来ていたくらいです。

コンラッドは今回で3回目ですが、サービスの質自体は特に低下はしていないようです。

でも上述のように支那人の御用達ホテルとなってしまっているので、次回は別の宿泊先を探そうと思います。



以下のブログランキングに投票いただくと、今後の更新のための筆者の活力になります。

タイ・ブログランキング

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

プロフィール(Profile)

MACHA

Author:MACHA
バンコクのスクンビットおよび東京都目黒区在住。

職業:企業家、投資家、ニート

趣味:海外旅行、語学学習、歴史、読書。

特技:暗記。

略歴↓


  • 2003、2004年:イギリスとアイルランドにホームステイ

  • 2007年3月:経営学博士前期課程修了

  • 2007-2008年:バンコクに1年間遊学

  • 2008年4月:日本帰国。東京でコンサルタント会社を設立。


  • 2009年6月:二度目のバンコク移住。2011年までの1年10か月をバンコクで過ごす。

  • 2011年4月:日本帰国


  • 2015年6月:ラットレースを抜け出し、本業を引退。

  • 現在は東京で生活しながら、タイへのプチ移住を検討中。海外旅行には毎月出かけている。


最近の記事+コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

訪問者数
バンコク旅行 にほんブログ村
タイ情報 にほんブログ村
セミリタイヤでタイ移住 サイト内検索
カテゴリ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2ブログランキング
タイ・ブログランキング